折々の納豆(2)

本田一弘(心の花)
つやめける納豆餅を呑みこめばうつせみのわが喉がよろこぶ
       ☆
『角川 短歌 2月号 2017』(角川文化振興財団)から、納豆の歌(敬称略)。
かつて、青木青児のエッセイ「陶然亭」にて紹介された一品、
あるいは京都・京北地域ソウル・フードとしての納豆餅について
触れたことがあります。水田稲作民にとっての“ハレ”の日の食べ物がお餅です。
そこに日本食らしい納豆が加わるだけなのですけれども、山形県京都府
公式ホームページで堂々と、郷土料理として取り上げられているほか、
宮城県、北海道などでも食されているようです。ただし、搗き混ぜるのか、
搗きたてに絡めるのか、焼いた(茹でた)後に絡めるのか、スタイルは千差万別。
冒頭の一首は、「おさがり」と名付けられた計7首のうちに含まれ、他の歌に
柳津、磐梯山、安達太良などの地名が見えることから、作者は福島県人。
となれば、山形県タイプのように、搗きたての餅に納豆を絡める食し方でしょうか。
「つやめける」の語も、つやつやとした搗きたてのお餅を表現しているようですね。
うつせみ(=うつそみ)」は、この世の人、この世、現世の意。
“うつせみ”という古語により、卑近な正月風景が、ぐんと文学的に映じてくる仕掛け。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

tag : 納豆

コメントの投稿

Secret

なっともぢ

子どものころ、朝食の支度の手伝いといえば、どんぶりに、
納豆を2袋あけて、お箸でぐるぐるとかき回して、しょうゆを
加え、食卓に並べる、というものでした。
そのころ、1袋(当時はパック入りではありませんでした)、
100gだったので、今と違って、結構な量だったと思います。

それを、お茶碗のご飯が隠れるくらいかけて食べていました。
毎朝、くらいの勢いです(笑)

それほど納豆になじみがありましたが、なぜか、餅と合わせて
「納豆餅」にして食べることはありませんでした。

山形県は、大きく、海側と内陸側と2つの文化に分かれます。
私は海側に住んでいますが、嫁ぎ先の義父が、内陸の人で、
お正月前に、家で(餅つき機で)餅をつくと、出来立てのもちを
必ず、納豆餅にして食べます。
「納豆餅」というものを、初めて見ました(笑)

山形県のHPも、初めて見ました(笑)

「なっともづ」は、内陸の言い方で、
私たち海側の者は、「なっともぢ」と訛ります。


地域

>> アヲさん

貴重な現地情報をありがとうございます。

こういった話題について触れたり、調べたりする時に
気を引き締めてはいるのですが、必ずしも、
地域=都道府県といった区分にはならないということです。

以前、岩手県であったり、静岡県であったり、
他の都道府県でも教わったことがあり、
重々認識してはいるつもりなのですが、本当に注意が必要ですね。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示