千本松大橋

2017_06_13_千本松大橋 “眼鏡橋”と名の付く橋は多々在ります。
 狭義では、アーチが2つ連なった石造2連の
 アーチ橋を指すはずですが、アーチが1つでも
 見つかれば、“眼鏡橋”を乱発してしまう模様。
 (造幣局にも「めがね橋」が在りましたね)
 今回、紹介する“めがね橋”はアーチを持たず、
 上空から見た形状を“眼鏡”に見立てての
 ネーミングです。正式名称は「千本松大橋」。
 画像は、千本松大橋西詰。
大阪市の大正区と西成区の間、木津川に架かっています。
眼鏡の“眼”に該当する部分が、橋の両岸の2段の螺旋状の桁で、要はループ橋
長さが323m、水面から桁下までの高さ34mとなり、木津川を使用する大型船の
安全運航に必要な高さだといいます。片側に歩道も設けられてはいましたが、
千本松渡し」の渡船が今も利用できるらしくて、機会があれば、乗船したいもの。

参考文献:若一光司『大阪 地名の由来を歩く』(KKベストセラーズ)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag :

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示