ベルギー奇想

2017_06_27_ベルギー奇想の系譜展 6月27日(火)、「兵庫県立美術館」まで
 お出掛けしました。同館は建築物としても、
 周辺ルート(ミュージアムロード)にしても、
 いろいろ触れたいことはありますが、いずれ
 ぼちぼちと……今回は「ベルギー奇想の
 系譜展
」の鑑賞です。幼少期の頃から、
 「快楽の園」など、ヒエロニムス・ボス
 (昔は「ボッシュ」と表記していたような気が
 します)の作品に『世界妖怪図鑑』等で
 親しんできており、是非とも足を運ばねば、
と。しかし、劈頭を飾る「トゥヌグダルグの幻視」も、作家名となると“ヒエロニムス
・ボス工房
”の工房名義。他も“ヒエロニムス・ボス派”であったり、“ヒエロニムス・
ボスの模倣者
”であったり、何とももやもやした気分に陥ります。展覧会全体は
3章に分けられ、大雑把に言えば、中世/近代/現代……第1章「15-17世紀の
フランドル美術」、第2章「19世紀末から20世紀初頭のベルギー象徴派・表現主義」、
第3章「20世紀のシュルレアリスムから現代まで」。かなり広範な時代にわたる上、
しかも前半は版画など、割と小ぶりな作品が固まっているのに、なかなか集中できず。
よくよく近寄って目を凝らさないことには、見えないような細緻な描写も多いのでした。
ピーテル・ブリューゲル(父)、ルーベンスといった大御所、ポール・デルヴォー
ルネ・マグリットといった人気作家の画が架かっていることで、安心感は覚えます。
ぎらぎら光る緑色の甲虫で固められたヤン・ファーブルの「フランダースの戦士
絶望の戦士)」の迫力には感嘆。また、本展にて(再)発見させてもらった画家
として、エドガー・アラン・ポオの「赤死病の仮面」を描いたジャン・デルヴィル
ボードレール悪魔主義の色濃いフェリシアン・ロップスの名を記録しておきます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示