Sun Sister

摩耶埠頭を対岸に眺める「兵庫県立美術館」の2017_06_27_Sun Sister
南側大階段下にすっくと立ちそびえるのが、
ヤノベケンジの「Sun Sister」(高さは台座を含め
6.1m)となります。愛称は“なぎさ”ちゃん。
東日本大震災の復興を祈念して建立された
あの「Sun Child」の姉的存在としての位置付け。
過去・現在・未来を見つめ、希望の象徴としての
「輝く太陽」を手に持ち、大地に立つ少女像である
そうな。公式画像などはいずれも良識(?)を配慮した
かのようなアングルからの撮影になってはいますが、
6m超の像高なので、普通にパンツ丸見えです。
パンツの色は、ワンピースやブーツと合わせて、
ステンレス・スティールの銀色でした。前向きですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術

コメントの投稿

Secret

なぎさちゃん

パンツまる見えなんて!
「兵庫県立美術館」を訪れた人々からは、
ぽかさんが撮影されたアングルから見られてしまうのですよね。
テニスの試合で履いていたアンダースコートを思い出します。
シャープな銀色のステンレスには、
似ても似つかないものでしたが…

南側

南側の大階段に立って(建って)いるので、
入り口とは逆の海側まで回らないと、会えません。
まぁ、見せパンだと思われますw

見せパン

海風に向かって、立って(建って)いるのかな?
男前ですね。潔い。
ステンレス・スティール!
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示