『TUGUMI』と弥勒

6月の「二人の読書会」のテクストは、吉本ばなな『TUGUMI』
昨年、同作家の『ハチ公の最後の恋人』を取り上げた流れを続けて。
何だかんだ言っても“夏”の話ですし、このところ暑くもあるしで、夏を先取りしました。
恭一の犬「権五郎」をめぐる復讐譚は、詰めが甘いようですが、致し方ないですかね。
曲がりなりにもヒト1人を殺そうとした者には、その前後で何らかの変質が欲しいです。
発病~快癒~改心の経過がフラットに過ぎて、狙っているのだとしたら、ずるいな、と。
犬1匹の命、ヒト1人の命も変わりはなく、日常は何事もなく、続いていくよ、なんてね。
そういう考え方は“有り”ですし(どちらかと言えば、ぼくもそちら側に与しますが)、
ならば、この日常世界のシステムに黙って乗っかり続けるのは、どうなんだろう?と。
お前の殺意、悪はその程度なのか?と、問い詰めたくなる主人公、山本つぐみ
美少女ぶりは弥勒菩薩に譬(たと)えられます。もちろん「萬福寺」のではないですよ。
しかし、短いシークェンス内で弥勒と神様の同居……根っから汎神論的な書き手です。
       ☆
 そんな時もつぐみは、
「おまえら、あたしが今夜ぽっくりいっちまってみろ、あと味が悪いぞー。泣くな」
 とせせら笑った。その笑顔は不思議と弥勒のように見えた。
 そう、つぐみは美しかった。
 黒く長い髪、透明に白い肌、ひとえの大きな、大きな瞳
(め)にはびっしりと長いまつ毛がはえていて、伏し目にすると淡い影を落とす。血管の浮くような細い腕や足はすらりと長く、全身がきゅっと小さく、彼女はまるで神様が美しくこしらえた人形のような端整な外見をしていた。

参考文献:吉本ばなな『TUGUMI』(中公文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説 仏像

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示