Never Let Me Go

7月の「二人の読書会」のテクストは、カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』
べたですよねえ。しかし、高尚で難解な文学理論をひねくり回す読書会でもなく、
これでいいのです。基本に徹して、素の心で読んでみることが始まりですから。
課題図書だけでなく、カズオ・イシグロの他の代表作なども、これを機にまとめて
固め読みしているところですが……今回の選定理由は、映画化されたからでなく、
ましてや、TVドラマ化されている作品ということにもなく、高橋源一郎先生の
お話「いま 時代を語ろう in 大阪」の中で取り上げられたことが大きいでしょう。
実際は、高橋先生の意見というより、加藤典洋の“敗戦後”論の孫引きのような
形ではありますけれども。『わたしを離さないで』の語り手、キャシー・Hを含めて、
主立った登場人物は、ヘールシャムHailsham)で生まれ育っているのですが、
このヘールシャムは、××××の際の“提供者”を育成する施設なのですね。
そこで、予め未来に制限の加えられた過酷な現実に対して、いずれの提供者らも
極めて従順で、諦観をもって迎え入れている心的態度は何なのか?と。
何故、彼らはそこで、反抗・抵抗したり、闘ったりしようとしないのだろう?と。
加藤の指摘は、ヘールシャム(Hailsham)=広島Hiroshima)であることです。
つまり、大人しい羊のように、所与の現実を盲目的に受け容れてしまう提供者に、
敗戦後の日本人像を重ね合わせて見ている訳です。目には入っているけれども、
しっかり見ていない。わかっているとうそぶいても、本当には理解できていない、と。
よく陥る過ちの一つではあるのですが、考えることを身体的行為と全くの別物と
見なしてはいけません。筋肉同様、脳にも、或る程度の負荷を掛けないことには
本当に“考える”ことは無理なのです。言葉のシャッフル、ルーティン・ワークで
耳に馴染みの良い配列を選り出すだけで、「考えている」と言うのは片腹痛くて……
閑話休題。語りの中、現在時に回想を滑り込ませるスムーズな手管に舌を巻きます。

参考文献:カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』(ハヤカワepi文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示