上方落語地図1

坐摩神社」で開催された「上方落語地図12017_10_08_上方落語寄席発祥の地
第2部が落語会。お寺さんで落語会を開くと
いった催しは多々見受けられますが、同神社も
また「生國魂神社」や「高津神社」に比肩する
落語と縁の深い土地柄なのでありました。
――上方落語・中興の祖、初代・桂文治
寛政年間(1789~1800)、坐摩神社境内にて
大坂で初めて寄席を建て、大道芸に近かった
興行形式を室内の高座で演じる芸能に改めた
からです(逆に言うと、大道芸の名残が見台拍子木なのでしょう)。
境内敷地で、「天満天神繁昌亭」の開業に合わせて建てられた
上方落語寄席発祥の地」の碑を見ることが出来ます。
さて、落語会の方は、前座で桂米輝が「阿弥陀池」。
ラッキー舞の太神楽曲芸。せっかく、皿を使うのだから、
口上に「陶器神社」のことも交えればよいのに、と。
トリが桂南光の「つぼ算」。瀬戸物町に相応しい演目で、
第1部で本物の水壺(1荷入り)を展示していたのも、効果大でした。
ところで、トーク時に南光師匠も触れ、またイベントのタイトルにも採られた
故・米朝師匠の『上方落語地図』は名著。何かと勉強になるだけでなく、
大阪の街歩きが愉しくなるので、しばしばページをめくり直したりしています。

参考文献:桂米朝『米朝ばなし』(講談社文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

tag : 落語 史跡

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示