我他彼此

 【がたぴし】 (1)騒がしいさま。戸などのたてつけが悪くきしむさま。がたりぴしり。がたりびしり。(2)人間関係や組織運営が円滑にゆかないさま。
――と、『広辞苑』第5版の説明にあります。
難しい言葉ではないし、単なる擬態語、擬音のたぐいと見なしていました。
ところで、過日訪れた「三千院」で手にした天台宗の“一隅を照らす運動”
機関誌「きらめき」第50号に目を通していたところ、
「がたぴし」は擬音でなく、元は『沙石集』にも用例の見られる仏教用語
であると思い出さされました。『広辞苑』でも、「がたぴし」の直前が「我他彼此」。
 【我他彼此】 〔仏〕我と他と、彼と此と、対立していること。
千妙寺住職の阿純孝氏は、「自と他がお互いに相手や周囲の事情をかえりみず、
自分勝手にふるまうこと」と説明されておられます。
一方のみを是とし、他方を非とするのではなく、「すべてよし」と肯定できるか? 
自身の内面においてすら、神々の泥沼の闘争が飽きもせず続けられているのに
……関係無いですけれど、「きらめき」には尼僧でもある落語家、
露の団姫(まるこ)の「まるこの川柳小噺」も連載されていますよ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : つぶやき 落語

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示