★ 2017年10月に読んだ本 ★

三島由紀夫『鏡子の家』(新潮文庫)
三島由紀夫『禁色』(新潮文庫)
 ……初期の長編にしても、『金閣寺』等が上出来な部類と評価してはいますが、
 こういった傾向の作品の方が、三島は溌剌としているように感じます。
津木林洋『とつげん・いっけい』(中日新聞社)……単行本としては再読。
『角川 短歌 9月号 2017』(角川文化振興財団)
『京都大原三千院』(三千院)
『西洋絵画の巨匠 ブリューゲル』(小学館)
近松門左衛門『曾根崎心中 冥途の飛脚 心中天の網島』(角川ソフィア文庫)
 ……諏訪春雄=訳注。10月の「二人の読書会」テクストです。
小野幸惠『週刊誌記者 近松門左衛門』(文春新書)
 ……[監修]鳥越文蔵。副題に最新現代語訳で読む「曽根崎心中」「女殺油地獄」。
 大部が近松の現代語訳で、それはそれで面白いのですが、筆者名・書名に疑問。
小林恭二『心中への招待状』(文春新書)……『ロミオとジュリエット』との違いが、
 セックスの有無に帰着するという指摘は、まぁ、否み難いのですけれども。
 また、九平次が名作の癌であるとの指摘もよく理解できるのですけれども、
 だからと言って、九平次に無理やりおっ被せた金銭的な世界の論理を
 スルーは出来ないんですねえ。小林の論旨を誤っていると言うのではなく、
 借金苦など無くとも二人が恋愛死に至ったのは事実かもしれませんが、逆に
 金銭の論理を持ち込まずには「曽根崎心中」という作品も成立しなかった、と。
三島由紀夫『愛の渇き』(新潮文庫)
三島由紀夫『盗賊』(新潮文庫)……三島の作品群に対して、ぼくの好悪は
 はっきりと分かれるのですが、これは苦手な部類。心理描写に頁を割かれても、
 そのキャラクターに魅力を感じられない以上、正しく無慙としか言えない感興。
三島由紀夫『美徳のよろめき』(新潮文庫)……『盗賊』の次に読んだせいもあり、
 快適な読書感。素直に巧いなぁ!と感心します。しかし、『愛の渇き』の悦子も
 そうでしたが、こちらの節子も、ちっとも美人らしく感じられないのはどうなの? 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示