大元ウルス

11月7日(火)も「公開講座フェスタ」へ出掛けました。
山本明志氏(大阪国際大学)の「モンゴル帝国を読み解く」を聴講。
いきなり、何でモンゴルなんだよ!と思わないでもないですけれども、
明朗闊達な話しぶり、簡潔明快な内容は、1コマながらもわかりやすく、
とても良い講座でした。うろ覚えの世界史(~日本史)の知識を棚卸し。
モンゴル帝国は近代国家と異なり、土地ではなく、人の掌握を志向する
といった視点はなるほどと思い、遊牧騎馬民族の思考パターンに唸りました。
躍進の果て、土地に縛られたと見てしまえば、中国の「王朝」ですが、
遊牧民の視点から言えば、やはり「大元ウルス」が正解なのでしょう。
ともあれ、モンゴル帝国という単一の軍事力がユーラシア大陸を覆った結果、
東西の往来の安全が確保されました(マルコ・ポーロクビライ=カアンへの
謁見は1266年……『東方見聞録』に関する諸々の疑惑に、ここでは触れず)。
現代から見て、“伝統”と思える物の大半はモンゴル帝国の次に来る時代
(=近世)に用意されているという指摘も印象的でした。
       ☆
以下に、入手し易い参考文献をメモ。
 ●海老澤哲雄『マルコ・ポーロ』(山川出版社)
 ●岡田英弘『チンギス・ハーン』(朝日文庫)
 ●岡田英弘『モンゴル帝国の興亡』(ちくま新書)
 ●北川誠一、杉山正明『大モンゴルの時代』(中公文庫)
 ●杉山正明『大モンゴルの世界』(角川ソフィア文庫)
 ●杉山正明『クビライの挑戦』(講談社学術文庫)
 ●杉山正明『モンゴル帝国と長いその後』(講談社学術文庫)
 ●杉山正明『モンゴル帝国の興亡(上)(下)』(講談社現代新書)
 ●白石典之『チンギス・カン』(中公新書)
 ●森平雅彦『モンゴル帝国の覇権と朝鮮半島』(山川出版社)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 講座

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示