和気橋

大阪市の「天王寺公園」内に、標高26m082_河底池
茶臼山が在ります。大坂の陣で、真田幸村
最後の戦いを繰り広げた舞台となります。今なお
六文銭の幟や何やと、あちこちで見かけました。
茶臼山(古墳)と公園本体の間に、河底池(=
通称「ちゃぶ池」)が満々と水を湛えています。
伝えられるところでは、延暦7年(788)、
和気清麻呂が旧・大和川を付け替えようと、
上町台地を開削した際に、古墳の濠を利用した
名残だとか……“大坂夏の陣”(1615)を思い起こしていたらば、奈良~平安時代。
河底池(かわぞこいけ)に架かっている橋は、「和気橋」と名付けられています。

075_和気橋 新幹線を使う分には問題にならないのですが、
 青春18きっぷなど、普通列車を利用して
 関西からさらに西へ向かおうとした場合、必ず
 途中下車して、次の電車まで数十分以上
 待たされる羽目に陥りますが、よく足止めを
 喰うのが、岡山県の和気(わけ)駅です。
 どうやら、和気清麻呂が現・和気町(旧・備前国
 藤野郡)出身だったことに地名も関連する模様。
 個人的な記憶を辿り続けますと、先日
慶沢園」から茶臼山へ向かっていて、和気橋を目にした瞬間、嗚呼、この橋は渡った
ことがある!と胸に迫りました。何かしら、封印されていた思い出に触れてしまったか。
       ☆
学生時代のこと。空は晴れていました……青い、青い空。風は心地良く、春、それとも
初夏だったか。学生時代です。学生でもなければ、物見遊山で、天王寺動物園の
周辺なんぞに、足を運ぶとも思われませんから。どういった理由があってか、東京から
来阪していた高校時代の友人・S さんに、引き籠もっていたアパートの一室から
引っ張り出されたと覚えています。追憶する茶臼山は、戦後の瓦礫を彷彿とさせ……。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 史跡

コメントの投稿

Secret

記憶は捏造

当然、ぼく自身に終戦後の記憶などあるはずはなく、
学生時代が何十年前のことだか、思い出せることもなく……。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示