山田正亮の絵画

同人のTさんから頂いていた招待券が1枚あり、2014_04_07__京都国立近代美術館
開催期間が4月9日(日)まででした。いけない、
終わってしまう!と慌てて出掛けた4月7日(金)。
京都国立近代美術館」の4階、コレクション・
ギャラリーで、「山田正亮の絵画」を鑑賞。
同美術館は岡崎公園内に位置し、平安神宮
前ですから、当日、京都市営地下鉄・東西線の
東山駅を下りた時から、観光客で混雑気味で、
修学旅行生らしき団体も非常に目立ちました。

2017_04_07__慶流橋より 山田正亮(1929~2010)の没後6年、初の包括的な
 回顧展となったようです。“包括的”と言うのには
 意味があって、正亮(まさあき)の個々の作品を一つひとつ
 取り上げて見ても、丁寧に制作されてはいるけれども
 ……と、取っ掛かりの無さに途方に暮れる人も
 少なくないかと思われるのですね。特に後期の作品
 ともなれば、インダストリアル・デザインすれすれの
 匿名性、何かしらの工芸品に近い簡素さを示して
 いるものですから。ミニマリズムの果てのように、
 多彩色の水平ストライプを過ぎて、最後には単純な
 色の面にまで行き着いてしまいますが、セザンヌ
 影響大な初期の静物画にそこかしこに見られた
 色調が、正亮の体臭のように、生きた証しのように
晩年の「Color」シリーズもも同じく確認できる時、不思議な感動を覚えるでしょう。
描き続ける”ことが“生きる”ことであった正亮は、多くの制作ノートを残しており、
展示されていたページの一部からでも、研究・思索の跡が窺え、彼にとっては
“描く”ことも“考える”ことの一部であったのだなあ、と体感できます。
ぼくは、初期の静物画に頻繁に出てくる砂糖壺のフォルムを愛しますが。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術

天山閣ハイハイ横丁

近鉄・大阪線(準急)に乗って、桜井から帰阪2017_04_04「天山閣ハイハイ横丁」
しました。上本町駅と接続した「うえほんまち
ハイハイタウン
」は、昔、鶴橋で働いていた
時代によく利用したものです。B1Fに居を構える
天山閣ハイハイ横丁」は、そのべらぼうに
長いカウンターで知られる有名店。入ったことが
なくとも、上六を利用する大阪人ならば、絶対に
見知っているはずです。当然、昼呑みも可能
ですが、あまりにカウンターが長大なので、
夕方からの書き入れ時前の時間帯だと、
左端のカウンターだけで営業しています。納豆冷や奴厚揚げ焼きなどをアテに
熱燗を呑みます。良心的な価格設定。深酔いせず、綺麗にお店を出られましたよ。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む 豆腐 納豆

聖林寺の橋

2017_04_04_新聖林寺橋
2017_04_04_聖林寺橋
2017_04_04_磐余橋
 「聖林寺」の近くには、大和川水系の寺川が流れており、
 聖林寺前でバスを降りると、まず「新聖林寺橋」を
 渡らなければなりません。何の変哲も無いコンクリート製の
 桁橋ですねえ。川のせせらぎが、好天だったこともあり、
 涼しげに映りました。“新”が付いているということは、
 オリジナルの「聖林寺橋」も在るということになります。
 優美な十一面観音菩薩との対面を果たした後、往路とは
 別な田舎道を歩いていきますと、「新聖林寺橋」の少し下流に
 「聖林寺橋」が現れました。橋の袂に石塔なども設けられて
 いることから、かつては「聖林寺橋」を渡って登るルートが
 メインの参道だったのでしょう。桜井駅へ戻るバスは1時間に
 1本程度で、次発までに40分ほどあったので、咲き始めた
 桜の花などを眺めつつ、県道37号を北上してみることに。
 薬師町交差点で左折し、西へ進むと、左手で一旦別れた
 はずの寺川と再会できたりもします。架かっているのが
 「磐余(いわれ)」です。橋の上から川面を眺めると、
 鮒か何かわかりませんが、魚群が整然と回遊している
 様子が見て取れました。俗世の営みを遠く離れたく思いなし。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築

聖林寺の十一面観音

4月4日(火)、近鉄・大阪線に乗り、桜井駅まで。2017 04_04_聖林寺
初夏を思わせる好天、汗ばんでしまうほどの
上天気でした。目的は「聖林寺」です。
前週、「室生寺」の十一面観音を観た流れから、
八十八面観音巡礼”のさらに一体を
拝みたくなったもので。駅南口から多武峯・
談山神社行きのバスに乗って、10分ほど。
バス停から聖林寺へ向かおうにも、鄙びた
田舎道が延びているばかりで、ちょっと、道に
迷いそうな不安も覚えましたが、無事に到着。

2017 04_04_山門から かの名高き国宝、十一面観音菩薩立像
 擁するお寺だというのに、気取らず、構えず、
 のほほんとした佇まいです。拝観させてもらおう
 とすると、客の姿に気付いた子供が親を呼びに
 走ったようで、必要以上に和んでしまいそう。
 京都の(一部)商売慣れした すれっからしの
 お寺さんとは真逆。本堂の本尊は石仏で、
 頭でっかちな子安延命地蔵。ユーモラスな
 表情です。本堂はその他、雑然とした仏像、
 仏具、私物(?)のような物まで放り出され、
何というか、夏休みに田舎の祖父母を訪ねた子供の気分らしきものを覚えました。

本堂から廊下へ出て、観音堂(とは名ばかりのコンクリート製の収蔵庫)までの
階段を上ります。神々しいお姿に、はっと胸を衝かれます。こんな所で、
何をしてはりますのん?という、もったいない気持ちがあふれ出てきます。
元は「大神(おおみわ)神社」の最古の神宮寺(=神社に付属する寺院)である
大御輪寺」の本堂の本尊だったそう。慶応4年(1868)3月の神仏分離令を受け、
同年5月、大御輪寺から聖林寺に遷されたのでした。天平時代作の木心乾漆像。
聖林寺の門前からは、大和盆地の東南部を見渡すことが出来まして、
前方(北)に見えるのが三輪山……十一面観音が追われた土地となります。

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像

on the rise

急に廊下で呼び止められる。
上長から、別事業所への異動を突然告げられる。
いきなりのことで何も反駁できない。
そもそも、何のことだか、理解が追いついていない。
質問をいくつかさせてもらう以前に、
(元)上司は「もう決まっていることだから」と畳み掛ける。
そうか。もう決まってしまっていたことなのか、と
契約書のどこにも書かれていないし、
「決まっていること」でも何でもなく、一部の身内で
勝手にピックアップしただけの八百長人事を真に受けて、
熱に浮かされたようで、そのくせ、今後、どうしたらよいかわからない
……そんなふうに、手籠めにされたかの如く、思考の自由を奪われ、
いいように転がされていく派遣~契約社員ら、下流中高年。
(ぼく個人のことはどうでもよいとして) 親しい人らが
蔑ろにされていく状況に対して、ぼくは絶対に許さないから。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

tag : つぶやき

折々の豆腐(2)

『角川 短歌 2月号 2017』(角川文化振興財団)を読み終えたところで、
豆腐詠をピックアップしてみます(敬称略)。同号では1首のみでした。
       ☆
永田紅(塔)
古紙豆腐灯油竿竹それぞれを聞き分けている耳が昭和だ
       ☆
2月号の特集が「40代歌人の魅力」となっていまして、
題詠「昭和の音」からの一首です。
物売り――昔で言うところの“ぼてふり”の口上ですが、
古紙/豆腐/灯油/竿竹のうち、あなたはどれだけ覚えていますか? 
ところで、今、単純計算してみたのですが、40歳代ということは
昭和42年(1967)~昭和52年(1977)生まれの人たちに当たり、
物売りの声が盛んに聞かれたのは、
戦後の昭和20~30年代くらいではなかったか?と思えてしまい、
40代歌人にしてもリアルタイムでなく、既にノスタルジックな存在として
物売りの声を記憶しているのではないかなあ。
地方、地域の間で差はあるので、一概には言えませんけれども。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

tag : 豆腐

室生寺の橋

女人高野室生寺」を目指して、バスに揺られて15分ほど。
2017_03_28_室生寺_下の橋
2017_03_28_室生寺_太鼓橋

室生寺前で降車すると、室生寺に向かう参道の左側に
大野寺」の前を流れていた室生川が、やはり同じく
確認できるのでした。遡っていくと、まずは比較的に地味な
下の橋」が目に入りますが、そこはスルーして、
道なりに上っていきます。「下の橋」があるのだから、
当然、「上の橋」もあるのだろうと予想してしまいますし、
実際、在るには在るのですが、「上の橋」はその形態から
太鼓橋」と呼ばれているのでありました。太鼓橋ですから
中央部分が反った形状で、登りやすいように、斜めに
踏み板が打ち付けてあります。拝観した日(3月28日)は
傷んだ朱塗りの欄干を補修している様子も見られましたよ。

2017_03_28_室生寺_無明橋 太鼓橋を渡れば、室生寺の正門の真正面となります。
 通常は正門を潜ることなく、東へ歩を進め、仁王門へ向かいます。
 鎧坂を上がり、弥勒堂、金堂を拝観。さらに上がって、
 本堂(=灌頂堂)や五輪塔を眺めた後に、もうちょっとだけ上り、
 室生寺五重塔がクライマックスとなるイメージでしょうか。
 そこから先、御影堂の在る奥の院まで延々と続く石段は、
 観光や物見遊山の気分から逸れ、多分に“修行”という言葉が
 頭を過(よぎ)るかもしれません。その中ほどに架かる「無明橋」。
雨が降れば、その下を川となって流れるのか? 袂近くには賽の河原も在ります。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築

酔いどれ鯨

2017_03_31_ピンクのヨイドレ鯨 3月31日(金)、大阪・梅田までてくてくと歩き、
 伸びた髪を切ろうと思ったのですけれど、床屋さんには
 待ち人がいっぱい。雨模様の中、天満市場へ帰宅。
 ちょうどランチ・タイム(11時半~15時)で、以前から
 気になっていた「ピンクのヨイドレ鯨」に入店しました。
 ランチ・セットのご飯をビールに替えることも出来ます。
 今回はサーロイン・ビフテキ(180g)にしましたが、
 他に魚の西京焼き、大山鶏の空揚げもありました。
 先に出てきた漬物と小鉢(若牛蒡煮)を摘まみに、
 ビールを空けると、純米酒「ええとこどり」を頂きました。
 2軒目へ流れたくなり、「天五横丁」(=「一松食品
 センター」)取っ掛かりの居酒屋「うまとら」が昼時のみ
 カレーを供している「ナムプリー」で、週替わりの
ポーク・カレーを食して、ラム入りのチャイで締めました。独りで昼呑み、雨の金曜日。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む

大野寺の弥勒磨崖仏

近鉄・室生口大野で下車して、歩いて5分2017_03_28_大野磨崖仏
掛かるかどうかの所に、「大野寺」が在ります。
眼下を流れる室生川の向こう、石英安山岩の
崖に刻まれているのが、“弥勒磨崖仏”です。
大野寺石仏」、「大野寺の弥勒磨崖仏」とも
呼ばれています。枝垂れ桜の開花時期には、
ライト・アップされる模様ですが、線刻の細部は
それほど鮮明な状態で残っていません。
高さ約11.5m。「笠置寺」(京都府相楽郡
笠置町)の石仏を写した物で、承元元年
(1207)、後鳥羽上皇の勅願により、造立されたとのこと。
同時期、ちょうど“小倉百人一首”を読み返していたこともあり、後鳥羽院に
思いを馳せて……「室生寺」行きのバスは、大野寺の前でも停まります。

 人も惜し人も恨めし あぢきなく世を思ふゆゑに 物思ふ身は

参考文献:『女人高野 室生寺』(大本山 室生寺)

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像

THE NPG

3月29日(水)、「ビルボードライブ大阪」へお出掛けしました。
THE NEW POWER GENERATIONの「tribute to PRINCE」公演、
18時半スタートの 1st ステージです。“ザ・ニュー・パワー・ジェネレーション”は
殿下のバンド名。当初は『Graffiti Bridge』(1990)の収録曲名。
同アルバムからの 2nd シングルでもありましたが、翌1991年にリリースされた
『DIAMONDS AND PEARLS』(1991)ではバンド名に昇格(?)していました。
かつての Prince And The Revolution よろしく、アーティスト名として
Prince And The New Power Generation と明記された格好です。
そうして、生前最後に発表された『HITNRUN phase two』(2016)では、
プロデュースや演奏等のクレジットに、ザ・ニュー・パワー・ジェネレーションの文字。
当然、1990年代のNPGと異なり、メンバーも代替わりしているのですが、
晩年の殿下と行動を共にしていたバンドによる 殿下追悼ライヴですから、
行かない訳にはまいりません。唯一、残念だったのは1990年代NPGの残党
とも言うべき カーク・ジョンソンの来日がキャンセルとなったことかな。
しかし、ミュージカル・ディレクターを務めるアンドリュー・ゴーチの見事な采配で、
劈頭の「Let's Go Crazy」からラストの「1999」まで、息をつかせぬメドレー。
歓喜に咽び泣く一時でした。近年からの楽曲はカットして、往年のヒット曲群に
重きを置いたのも、潔いです。「Take Me With U」「When Doves Cry」
「Kiss」「If I Was Your Girlfriend」など、どれも歌詞を記憶しているので、
ファルセットで合唱。気分が上がります。ビルボードライブという会場にしては珍しく、
カジュアル席まで総立ちとなり、歌い、踊って、最高のトリビュート公演となりました。
明らかに小柄な身長で抜擢されたと思しきギタリストのソロ・プレイ(オマージュ)や、
見てくれは全然異なりながらも、巧妙な殿下唱法の男性ボーカルなどに悶絶。
お客様の求めるものをよくわかっているなあ、と感心もさせられましたよぉ。
(来日メンバーは以下のとおり)
       ☆
 Andrew Gouche - Bass, Vocals, MD
 Marva King - Vocals
 T.J. Wilkins - Vocals
 Gorden Campbell - Drums
 Cassandra O'Neal - Keyboards, Vocals
 Rick Marcel - Guitar, Vocals
 Marcus Anderson - Saxophone, Vocals
 Lynn Grissett - Trumpet
 Adrian Crutchfield - Saxophone, Vocals
 Joey Rayfield - Trombone
 Bernard "BK" Jackson - Baritone Saxophone, Vocals

テーマ : Soul, R&B, Funk
ジャンル : 音楽

tag : 黒い音 呑む

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示