九州の味2品

味のマルタイ」の棒ラーメンが好きです。九州物2アイテム
下手なラーメン店より旨いのではないか?と
思わされる即席麺で、麺の細さ、スープの味に、
本社が福岡市西区に在ること以上に、強く
九州らしさを感じさせられてしまうのです。
うまかっちゃん」も嫌いではないですが、
あれは外から見た九州のイメージかなあ。
珍しく、「マルタイラーメン」のカップ麺バージョンを
見つけたので、早速賞味……棒ラーメンでよいです。
ついでに、「三幸製菓」(本社=大阪市東淀川区)の
ミニサラダ」限定品も入手。“九州醤油味”を謳い、
使用しているのは「フンドーキン醤油」となります。
甘じょっぱさが絶妙で、1袋を一気喰いしてしまいました。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : おやつ

博多天神ホルモン

2017_08_04_「博多天神ホルモン」 「ヨドバシ梅田」8Fは、ダイニング・スペースに
 充てられています。がっつり、肉を食べたい気分
 とあって、「Meat Rush」や「BLA diner」も
 候補には挙がったのですが、結局、鉄板焼きの
 「博多天神ホルモン」に入店したのでした。
 カット・ステーキ&丸腸定食を軸にして注文。
 ステーキ・ソースやとろみポン酢が用意され、
 ステーキとホルモンが並列に供されますが、
 ホルモン専門店ならばホルモンに徹すれば
 よいものを……と思わないでもなく。他に
レバニラ、ピリ辛ホルモン、小腸、リードヴォー、ネギミノ、牛カルビなどを摘まみ、
ホルモンにはやっぱり芋焼酎か、「からり芋」を合わせて。たれは旨いと思います。
ただ、やはり場所代が大きいのでしょう。丸腸以外は、まぁまぁといった肉質かも。
ランチ・タイムに呑んだくれる方がどうかしているのでしょうが、15時半に退散。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む

復活のW63K

呑んだくれのぼくは、相棒のPDAや財布、あるいは鞄ごと……
いろいろな物を失くしてきています。近年はましになってきたとはいえ、
それでも1~2年置きくらいに携帯電話も紛失してしまうので、
通話専用のガラケーでよいのだ、と「京セラ」製の「W63K」を愛用。
これも何機となく失くしているのですけれど、当初はシャイニーゴールド
以後はマジェスティックブラックのカラーを選んでいます。
薄くて軽いストレート端末で、通話機能に絞れば、神懸かった完成度。
逆にコンパクト過ぎて落としやすいのかもしれませんが、
(おそらく)7月22(土)日の夜に携帯電話が見当たらなくなってから、
実機の買い替え(買い増し?)に動き出したのが、7月25日(火)深夜。
白ロム携帯電話を取り扱う業者「通販★くん」で良品を見つけて入金。
振り込み後、しばらく音沙汰が無くて、ちょっと心臓に悪い思いをしつつも、
土・日曜日が休業なので、週明けをじっと待ち、催促メールを飛ばして、
8月2日(水)に商品が到着。SIMフリーということは、裏を返せば、
SIMカードを再入手する必要があるということ。しかし、旧機種であるため、
街中の代理店(au ショップ)では W63K に対応するSIMカードの在庫無し。
2年前の夏にはまだ出回っていたんですけどねえ……。
そうなると、全国に10店在るか無いかのKDDI 直営店の出番です。
au OSAKA」は関西圏唯一の直営店のようで、「グランフロント大阪
北館8Fに入っています。8月3日(木)、仕事中の休憩時間に訪れ、
対応SIMカードの在庫の存在を確認。ただ、その日(三太郎の日?)は
妙に混雑しており、翌8月4日(金)、SIMカードと言うか、正確には
au IC Card 02(3G)」を W63K に装着してもらったのでした。
事務手数料で2,000円強が、次回の携帯電話料金に加算される格好。
続いて、W63K で利用する microSD カードの問題が……
旧機種であるが故に、大容量のカードは受け付けてくれないのです。
ヨドバシ梅田」の売り場で店員に尋ねましたところ、最低容量で
2GBでした。いけません。W63K の対応容量は1GBまでとなります。
早速、「アマゾン」で検索をかけて、SanDisk製のバルク品を手配中です。

テーマ : 周辺機器
ジャンル : コンピュータ

tag : モバイル

グランキューブ大阪

2017_08_03_グランキューブ大阪 正式名称は「大阪府立国際会議場」、愛称が
 「グランキューブ大阪」で、堂島大橋の南詰に
 建っています。2008年の「第34回 主要国首脳会議
 (G8 サミット)に先駆けてのサミット財務相会議が
 同年6月13~14日に開催されていました。2008年
 6月14日(土)とその翌日、ぼくは何を思い立ったか、
 カメラを持って中之島に架かる橋を撮影して回っており、
 物々しい警備陣に不審者扱いされて、何度となく
 職務質問を受けたのも、今では良い(?)思い出です。
 設計は黒川紀章。地上13階、地下3階の鉄骨造り、
 高さは104.51m。5階のメインホールで開催された
 D'angelo のコンサートにも行きましたねえ。
 と、思い返していたらば、ディアンジェロはまたぞろ、
休眠期間に入っているような……リスナーとしては、亡き殿下のように、JB のように
働きマンになってくれよと願うのですが、Dのビジネス・モデルはスライ・ストーンか。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築 黒い音

みうら屋(再掲含む)

珍しく(ほぼ)定時上がりで、夕方には解放された8月2日(水)、
さくっと「新梅田食道街」で呑むことにしました。あくまで、軽く。
いつもの「大阪屋」を覗きましたが、立ち呑みの気分ではなくて、
初めて2階に上がってみました。2階はカウンター~テーブル席で
座れます。ビールは最初の一口だけが旨いと感じる人なので、
根性なし”にしようかと思いましたが、量はほとんど変わらない
とお姉さんが言うので、普通に生ビール(中)にしました。
ちなみに、“根性”が大ジョッキ(1,000ml)のようです。
“本日のお薦め”的な、手書きのメニューからアテを選ぶのですが、
1階でのイメージと裏腹に、そこそこの値段で、上品な盛り付け。
まさかの、ちょっとした小料理屋を凌駕するレベルの味付けに感動。
旬を感じさせるゴーヤのお浸し、うざく、静岡のフルーツ・トマト
アメーラ)、牛バラ、鶏皮チップス……など、いずれも美味でした。
もう1軒、はしごしようと入ったのが、タイ食堂みうら屋」。
「黒霧島」をロックで飲りながら、鶏せせりの甘酢レモン・ソース、
エビせんべい、空心菜炒め、焼き鳥(with ピーナツ・ソース)を摘まみ
……焼き鳥“ガイサテ”で、兎我野町の「THAI-YA-TAI」を想起。
同店は、縁日やら正月三が日に「露天神社」に屋台を出すので、
馴染みの味なのです……締めに、グリーン・カレー(鶏)を頂きました。
デザートに狙ったタピオカ入りココナツ・ミルクが売り切れていたことが残念。

続きを読む

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む カレー

かつ満

このところ、牛カツが来ているような印象。
あちらこちらで牛カツのチェーン店を見かけますもの。
(京都でも目にしましたし、ぼくの近所で行列のできる
某人気ステーキ店も牛カツの姉妹店をオープンしていますし)
大阪・梅田の地下街「Whity うめだ」でランチを取ろうと、
8月1日(火)、相方と潜り込んだのが、ビフカツの「かつ満」。
今年2月8日の開業で、それまでは「とんかつKYK」でしたかねえ。
迷った末のオーダーは、手仕込みの豚ヘレカツ膳(中=160g)1,480円、
牛ロースカツ膳(大=180g)1,880円で、ご飯、赤だし、香の物付き。
ご飯は少なめを注文しました。お肉の味としては、豚の方が美味しいかな? 
牛もヘレカツを試すべきだったかと後悔しましたが、膳(=ランチ)では
全て、キャベツと「博多ふくいち」の明太子が食べ放題となります。
これでもか!というくらいに明太子をアテに、ビールを呑んでいましたよ。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む

★ 2017年7月に読んだ本 ★

『西洋絵画の巨匠 ボス』(小学館)……「ベルギー奇想の系譜展」にて購入。
カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』(ハヤカワepi文庫)
 ……「二人の読書会」テクスト。この世には存在しない楽曲が気になっています。
『角川 短歌 6月号 2017』(角川文化振興財団)……「いまこそ空穂」特集。
 今年は窪田空穂の生誕140年・没後50年、らしいです。
『器の教科書』(宝島社)……監修は森孝一。
三島由紀夫『仮面の告白』(新潮文庫)……マイ・クラシック。
中里介山『大菩薩峠 鈴慕の巻』(青空文庫)
三島由紀夫『女神』(新潮文庫)
カズオ・イシグロ『日の名残り』(ハヤカワepi文庫)
カズオ・イシグロ『浮世の画家』(ハヤカワepi文庫)
三島由紀夫『近代能楽集』(新潮文庫)……小説はたまに、どうよ?という出来
 (暴走しちゃった時の鈴木清順の映画みたいな印象)の時もありますが、
 三島の脚本は、素直に凄え!です。巧緻な構成にただ、ただ唸らされます。

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

Rise & Fall

 過去のブログやSNSで推しまくってきたにも
 かかわらず、2017年を過ぎてなお、ぼくの
 心の中の名曲の地位は揺るぎそうにない
 Craig David の「Rise & Fall」(2003)。
 Sting と仲良く唄っている情景からして、
 心を洗われます。サンプリング・ネタやら
 インスパイア云々やら、元々の楽曲の版権を
持つ遺族らと繰り広げられる不毛な法廷闘争に、辟易させられることも多い世の中。
新旧ミュージシャンがお互い、リスペクトし合える関係性に越したことはないですもの。
オリジナル曲は、スティング「Shape of My Heart」。リュック・ベッソン監督の
映画 『レオン』(1994)のエンディング・テーマ曲でありました……。

テーマ : Soul, R&B, Funk
ジャンル : 音楽

tag : 黒い音 映画

LION HEART

物自体に意味は無いと知っている。
ただ、フェティシズム(呪物崇拝)の範疇でのみ、
諸手を挙げて、頭を垂れて受け容れよう。
ブランド信仰に最も遠い位置に立っているつもりが、
ライオンハート」(since 1996)のブレスレットを着けていた。
スタイリスト・石黒亮一氏とのコラボレーション。
マットな質感の黒曜石Obsidian)にシルバー仕上げの真鍮、
中に1個だけ、ターコイズが混じっている仕様。
が、ちぎれる。何の意図も無く、作為も無かったと信じる。
嘆きはしない。責めはしない。悔やみもしない。
或る日、また、別なブレスレットが現れる。
オブシディアンではなく、Onyx黒瑪瑙)だった。
第35代・米国大統領のF・ケネディのコイン付き。
"A man may die, nations may rise and fall, but an idea lives on."

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

tag : つぶやき

Never Let Me Go

7月の「二人の読書会」のテクストは、カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』
べたですよねえ。しかし、高尚で難解な文学理論をひねくり回す読書会でもなく、
これでいいのです。基本に徹して、素の心で読んでみることが始まりですから。
課題図書だけでなく、カズオ・イシグロの他の代表作なども、これを機にまとめて
固め読みしているところですが……今回の選定理由は、映画化されたからでなく、
ましてや、TVドラマ化されている作品ということにもなく、高橋源一郎先生の
お話「いま 時代を語ろう in 大阪」の中で取り上げられたことが大きいでしょう。
実際は、高橋先生の意見というより、加藤典洋の“敗戦後”論の孫引きのような
形ではありますけれども。『わたしを離さないで』の語り手、キャシー・Hを含めて、
主立った登場人物は、ヘールシャムHailsham)で生まれ育っているのですが、
このヘールシャムは、××××の際の“提供者”を育成する施設なのですね。
そこで、予め未来に制限の加えられた過酷な現実に対して、いずれの提供者らも
極めて従順で、諦観をもって迎え入れている心的態度は何なのか?と。
何故、彼らはそこで、反抗・抵抗したり、闘ったりしようとしないのだろう?と。
加藤の指摘は、ヘールシャム(Hailsham)=広島Hiroshima)であることです。
つまり、大人しい羊のように、所与の現実を盲目的に受け容れてしまう提供者に、
敗戦後の日本人像を重ね合わせて見ている訳です。目には入っているけれども、
しっかり見ていない。わかっているとうそぶいても、本当には理解できていない、と。
よく陥る過ちの一つではあるのですが、考えることを身体的行為と全くの別物と
見なしてはいけません。筋肉同様、脳にも、或る程度の負荷を掛けないことには
本当に“考える”ことは無理なのです。言葉のシャッフル、ルーティン・ワークで
耳に馴染みの良い配列を選り出すだけで、「考えている」と言うのは片腹痛くて……
閑話休題。語りの中、現在時に回想を滑り込ませるスムーズな手管に舌を巻きます。

参考文献:カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』(ハヤカワepi文庫)

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示